MARKETING/MANAGEMENT EDUCATION COMMUNICATION KEY PERSON/CAREER UP SALES COLLABORATION INTELLIGENCE お問い合わせ


美容市場の活性化と美容業界の各種マネジメントをプランします。

美容事業展開のコーチングパートナーとしてサロンの未来をシュミレーション致します。サロンの現状を再チェックし、新たな戦略を導き出します。

金締んと!(マネージメント情報)



「成功の裏側、失敗の本質」

「転ばぬ先の杖」

絶えずリフレーミングを余儀なくされる美容室

店が新しい、人が新しい…みんな新しいものだーい好き!

創業者精神宿る新規店舗が流行るのはオーナー技術者のが行き届いているからです。

問題はそのがいつまで持続するかではないでしょうか。

「商売繁盛の足跡分析」

みんなでつくる参加型経営!

目指す店舗運営のスタイルにもよりますが、組織の拡大に伴って経営の透明性

最初からフレームを明確にしておくことが必要ではないでしょうか。

「ビジョンと退店率」

業績責任成果配分システム!

だけでは限界があります!

経営の透明性を持って初めて組織拡大へと進化していくのです。

あなたは気概と人柄でゆくのか、経営の透明性を持って事業として取り組むのか!

「やる気の出る給与システム」

アメーバ組織!

今までそうだったからこれからもいままで通りでよいと思う時代は終わりました。

経営の透明性を高め、ビジョンを明確にしてゆかねばならない時代なのです。

一人でもスタッフがいればもう組織なのですから・・・。

「スタッフが集まってしょうがない美容室創リ」

常識のマンネリ化より非常識の活力!

当たり前なこと、常識の範囲内のアクションは決して今まで以上の結果をえることはできない。

常にリフレーミング、再スタートできる組織は、集うものの共通の考えのもとに育まれることを踏まえておかなくてはならないでしょう。

「翌日から変わる!ミーティングの仕方と継続を力にする方法」

何でも言える組織の底力!

構成する組織人のコミュニケーション量によって得られる結果が比例してきます。

そして何より、言えない事が言えるか否かの量と質が、組織間人間関係の力量と比例し

組織力の弱体化を阻止する唯一の方法なのです。

「バラバラのサロンスタッフを一ヶ月で団結させる手法」

予約制なのに待たされる美容室(*_*;)

スタッフのチームワークだいじょーぶ?

今の売上げの中身って何?

「総合力」として片付けられない!自店分析!

お客様の満足の結果が、今の実績ではありません!

売上げは必ず下がろうとするものです。

お客様の声がどんどん聞こえなくなっていませんか?

「全ての答えはお客様が知っている!!」

「日銭パワー全開!絶対に潰れない金策!-金融機関との戦い!」


組織の規模・運営形態・経営理念に即応したマネージメントソフトを提案します!

<仕事がはかどり、ここちよい! サロンマネジメントを提案するオープです。>

儲tting!(マーケッティング情報)

人と向き合う!自分と向き合う!

高齢化社会に向かって必要な営業戦略~新たな美容室の役割

同じパイを食い合う過酷な顧客争奪戦、差別化はメニューだけでは生き残れません。

本質的な差別化を目指し、時代に即応した営業を実践すには人間改革しかありません。

「自分だけの価値を見出す美容師像!」

誰に対して語りかけるのか!

徹底したセオリーの共有こそが、差別化を計る手段なのです。

市場動向は、社会の動き=ニーズの動きを読むことで変化に対応する仕掛け創りが必要。

「個客絞り込み戦略!」

<多産多死型業界の流れ>
独立出店⇒繁栄⇒誤った金銭感覚・見失った目標・おごりと欲望・情熱希薄で衰退⇒廃業

共感の大売出し!

どうお客様に喜んでいただき共感を得るかを常に見つけ出し、具現実践することではないでしょうか。

周りは絶えず変化し続けているのです。

「共感を売る売上げ倍増計画」

「お気に入り!」は全体の2割、あとはついで!

お客様の信頼を勝ち取るプロセスを外さないこと!

個客対応の応用力を身につけて、幅広い営業力を養うことが必要です。

「個客アプローチ戦略!」

豊富な新しい発想と着想がオンリーワンプランニングを具現化するのです!

オープのサロンサポートプラン

CSダイレクトアクセス専用カードによる「お客様の声」無料収集分析致します。

リサーチ100他

21世紀美容室の提案

美容室の商品は、技術を施して料金をいただくことのように思われがちですが、実態は技術の良し悪しではない、
来店されたお客様の気分の良し悪しではないでしょうか。気分の良し悪しはいたるところに存在しています。
笑顔であったり、広々とした清潔なトイレであったり、待合であったり・・。

そして、そこではいろんな会話がお客様と交わされています。会話上手は話すより、聞くこととよく言われますが、
自分の未熟な経験から話を盛り上げるには戸惑いをおぼえることが多々あります。
しかしながらお客様がどういった情報をあるいは経験談を求めているかといえば、美容師としての共通の知識である
美容にまつわる知識・経験の全て「美容と健康」が話題としてとりあげられるべきものであり、
その知識の伝達によってお客様との信頼関係が一層ひろがるのではないでしょうか。

その信頼関係を「信頼市場」ととらえ、美容室における信頼市場の活性化を計ってゆけば、
新たな美容室の社会の役割を見出せるのではないでしょうか。21世紀の少子高齢化社会に向けて、新たな社会への貢献を必要としています。
「美容と健康」は、これからの美容室の重大且つ必要なテーマであり、
「あなたの街の美容と健康の情報ステーション」としての役割を果たさなくてはなら
ないと考えます。


サービス業の独立開業・経営支援・
企業再生・新業態支援の
サロンサポートを推進致します。
 
<やさしい知識の勉強会情報>
 


サロンの現状を再チェックし、新たな戦略を
導き出すための各種マネジメントプランを
提供いたします。
あなたのサロンのコーチングパートナー
として、サロンの未来をシュミレート!

全国健康管理美容研究会Bres-NHM
Beauty Research Society on
National Health Management
E-mail:bres-nhm@o-o-p.jp


Copyright(C)2005 Work Force Alliance. All rights reserved. 【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】